ユニークでオリジナリティ溢れるイベントを企画するには②

こんにちは!ゆえいです♪

 

前回の記事の続きで、これからイベントを企画したいと思っている初心者の方や、企画をより良いものにしたい!という方のために、自分だからこそできるユニークでオリジナリティ溢れる企画の立て方をお伝えします。

 

改めて、こうして記事にまとめていて、私が大切にしているポイントが3つあるなと気付きました。

 

 

~ポイント~

  1. コンセプトを決めたら、全てを一貫させる
  2. 一人でやらない
  3. 「やれるからやる」「出来るまでやる」

 

 

上記のポイント3つと前回の記事を踏まえて、下記書いていきます♪

 

 

5.人を集める

もしかしたら、みなさんが一番知りたいのは人を集める(集客)かもしれませんね??

 

私なりにやってきた(やっている)ことをお伝えしていきますね。

 

 

● SNSを駆使する

<Facebookイベントページを作成する>

 

これは、Facebookをやっている方向けになってしまうのですが、まず、イベントページを作成します。

(作り方が分からない方は、こちらのサイトに詳しくやり方が書いてあったので、ぜひ参考にしてみてください)

 

 

またその際に、デザイン(フライヤー)が出来上がっていたらベストだと思います♪

 

企画する段階では、もちろんまだ行ったこともない、見たこともないことなので、写真(=視覚的なイメージ)はとても大切だと思っています。

あなたの伝えたいこと、表現したいこと(=コンセプトと一致するもの)をイメージして、写真を設定してみてください。

 

あなたがデザインが得意じゃない場合は得意な人に任せるのが良いと思うので、得意な人にイメージを伝えて(具体的に伝えるとブレがないので良い)作ってもらいましょう。

 

フライヤーを作成したい場合はデータをもらえると、色々使えて便利ですよね♪

 

 

<招待をする>

 

イベントページを作成したら、あなたが来てもらいたい人に招待をしてみてください。

 

私はイベントページを作成したら満足してしまって時々招待を忘れることがあるのですが(笑)招待するのを忘れずに。

 

また、招待をしたら個別でメッセージを送るとより丁寧で、イベントを興味を持ってくれる可能性が高くなるのでやってみてください。

 

 

・・・上記はFacebookのイベントページを活用するでしたが、その他、SNS(Twitter・Instgramなど)でも告知してみましょう!

 

その際はイメージ写真+どんなことをするのか+日時、場所、出演者、費用などの基本情報を記載すると丁寧です。

 

 

 

●一人一人に個別でメッセージを送る

 

SNSで広く拡散するのも大切ですが、一人一人にメッセージを送ることは(特に最初のうちは)とても大切だと思っています。

 

私の経験上もそうなのですが、イベントの招待って結構来ませんか??

 

その時に、イベントの招待だけ来る人と、メッセージを添えて送ってくれる人だと、やっぱり後者の方が丁寧で行ってみようかなと興味を持ってもらえると思うんです。(もちろん内容などにもよるけど)

 

なので、私の場合は一人一人、来て欲しい人、来てもらいたい人をリストアップして「今日は何人にメッセージする」と決めて、メッセージを送っています。

 

 

 

・・ここで、これめっちゃ大変で辛いと思うあなた!!

これらのことは一人でやらなくて良いんです。

 

ここで冒頭に挙げた

“ポイント②一人でやらない“を説明します。

 

 

そもそも、企画は楽しむもの・楽しんでもらうものなのでそれを失って辛くなったら、私は良くないんじゃないかなと思っています。

 

なので、私は一人ですべてをやるのをやめて、企画する段階からスタッフチーム全員で、役割を分担したり、声掛けもキャンペーンだと思って、「一人あたり〇〇人くらい集められたらいいよね♪」って感じでやっています。

 

 

集客=“辛い、難しい”

ではなく

集客=“楽しい”

ものにしていきましょう☆

 

 

そのために、一人でやらない、チームで目標を共有してチームで集めていくと楽しく出来るのでオススメです!

(前回、スタッフチームでグループページを作って日々やり取りをすると書きましたが、それも協力体制を作って楽しくやるためです)

 

 

~まとめ~

 

私が今までやってきたことはシンプルで真新しいものはないかもしれないのですが、これを丁寧に着実にやっていたら、お陰さまでマイナスにはならずに、プラスの収益に繋がっています。

 

私は有名人ではないので、イベントを告知して何百何千人と自然と集まってくる・・わけではありません。(いずれ、そうなったらいいなぁ)

でも、余裕を持ってイベント当日の2ヶ月程度前から告知をして、チームで声を掛けていったら、ありがたいことに、何十何百人とお客さんが集まりました。

 

 

 

最後にポイント③に書いた

“「やれるからやる」「できるまでやる」”をお伝えしたいのですが、人を集められるか、集められないかはこれに集約されていると思っています。

 

 

あなたはきっと「やりたい!」と思って企画をすると決めてここまでやってきました。

あとは「出来るまでやる」と決めるだけだと思うんです。

 

もちろん、一人でやる必要はないのですが、「やれるからやる」「出来るまでやる」と覚悟を決めるだけで余計なことは考えずに、自分なりの工夫をしてみたりと色んなアイディアが浮かんでくると思います。

 

 

きっと出来るから、企画を思い付いたんだとポジティブに捉えて、信頼するスタッフチームを作って、一緒に楽しみながら本番を迎えられたらいいですね☆

 

 

 

 

Yuei
会社員や派遣、アルバイトを約5年間しながら、ライフワークとして歌を歌ってきた私が、『心の声に従って、本音で生きる人生を送ったらどうなるだろう?』と実験をしているブログです。2017年7月にブログをスタートし、今は音楽フェス&ジャンルを越えたイベント企画、NGO代表、アーティスト、セミナー講師、講演活動をしています。“自分を生きる”と決めてから、前からやりたいと思っていたお仕事やお役目をいただけるようになりました。リアルな本音と経験がいっぱい詰まった、ワクワクドキドキの宝箱のようなブログです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yuei

会社員や派遣、アルバイトを約5年間しながら、ライフワークとして歌を歌ってきた私が、『心の声に従って、本音で生きる人生を送ったらどうなるだろう?』と実験をしているブログです。2017年7月にブログをスタートし、今は音楽フェス&ジャンルを越えたイベント企画、NGO代表、アーティスト、セミナー講師、講演活動をしています。“自分を生きる”と決めてから、前からやりたいと思っていたお仕事やお役目をいただけるようになりました。リアルな本音と経験がいっぱい詰まった、ワクワクドキドキの宝箱のようなブログです♪