【イベント企画 初心者向け】ユニークでオリジナリティ溢れるイベントを企画するには

こんにちは、ゆえいです♪

 

今回は、「イベントを企画してみたいけどどうやってやったらいいの?」という方のために、私が2年前から今まで約15回以上、小規模のものから大きいものは150人規模の音楽系のイベント・ライブやその他イベントを企画運営した経験からお伝えしていきます。

 

回数はまだまだそんなに多くはないのですが、他にはない新しくてユニークな企画を考えたり、色んな分野とコラボレーションをしたりするのが好きで、「世界観まで創ったらもっと伝わるんじゃないか?」と思い、ある時から空間装飾までやるようになりました。

 

そして、ありがたいことに今までの企画はすべて黒字運営が出来ました。

 

 

この企画方法はあくまで一例なので、もしもっとこうした方が良いと思ったらぜひご自身の方法とカスタマイズして、自分自身がいちばんしっくりハマる面白いと思える方法でやってみてください☆

 

何かひとつでもあなたのイベント企画に参考になったら嬉しいです。

 

 

ではでは、早速進めていきます♪

 

 

 

1.コンセプト(=伝えたいメッセージ)を決める

 

コンセプト』はイベント企画の上で、一番大切な核だと思っています。

 

この記事を読んでくださっているので、伝えたいことがあってイベントをやりたいと思った!という人もいると思います。

でも、こういうのをやりたいとは思ってるけど、実際、コンセプトは決めてない、よく分からないという人もいるんじゃないかなと思います。

 

 

そもそも、何でイベントをやりたいと思ったのか、このイベントで伝えたい想いは何か?を思い起こしてみてください。

 

それを思い起こせたら、どうやったら伝えたい人に伝わるか?どういう風にしたら面白くて分かりやすくまとめられるかを考えて、イベント名をキャッチフレーズにしてみましょう。

 

 

直感的に「これだ!」と気に入ったものがベストです!

 

自分自身がまずはそれを気に入ること、「これは面白い」と思えることが企画者として何より大切だと思います。

 

 

 

2.場所を決める

 

上記のコンセプトを元に、どういう場所なら伝わるのか、来てもらえる・来てもらいたい人たちに喜んでもらえるのかを考えて、場所を決めます。

 

その際に重要なのは、まずは予算

 

 

どのくらいの予算でやるのか、何人呼ぶのか(何人来てくれるかの見込みも)を必ず押さえて場所選びをしましょう。(それによってチケット代や入場料の金額も変わってきます。)

 

 

また、イベントの用途によって飲食持ち込み可なのか、キッチンは使えるのか、音響設備はあるのか、椅子やテーブルなどの備品はあるのかetc..色んな要素があるので、イベント会場、ライブ会場、スタジオ等に詳しく聞いてみると良いです。

 

 

一番初めに思い描いた、こんなイベントがやりたい!を予算等を考えながら、出来るだけ叶えられる場所を選ぶと楽しいですよ☆

 

 

【キーワード検索以外にこんなサイトもあるので、参考にどうぞ!】

スペースマーケット(目的に合ったレンタルスペースが選べる!)

SHOPCOUNTER(ポップアップストアや展示会を簡単にオープンできる!)

 

 

3.人

 

②が先か③が先かは、どちらでもOKだと思いますが、コンセプトが決まった状態で、“人”について考えていきましょう。

 

 

 

<協力してくれるスタッフを集めたい場合>

 

受付、金銭的なこと全般、司会、空間装飾、照明、事務、備品調達、タイムキーパーetc..他にも色々役割があると思うので、それをまずは把握して、コンセプトや想いに共感し、協力してくれそうな人を探します。

 

探す時におすすめなのは、「こういうのをやろうとしています!」とイベントへの熱い想いをSNSに書き綴ること。

 

もし「それ気になる!」「やってみたい!」と声が挙がったら、その人が好きそうなもの、もしくは得意分野を任せること。

“あなたにこれをお願いしたいんだ”と想いを伝えることで、その人に責任感が芽生え、お互いが対等な立場になり良い関係が築けるはじめの一歩になるからです。

 

いいチームになるように、その後はFacebookやLINEでグループを作り、本番までフォローし合ったり、意見を言い合えたり、時には他愛のない雑談をしたりしてコミュニケーションを取り続けていく

とさらに楽しくモチベーションを保ちながら本番を迎えられると思います。

 

 

 

<出演者を集めたい場合>

 

出演者を他に集めたいと思っている場合、きっとあなたにはあの人に出てもらえたら良いなぁとぼんやり思い浮かんでいるかもしれません。

 

そしたら、ぜひ想いを込めてオファーしてみましょう!

 

オファーをしたい人が決まっている場合は、電話などで、想いや今回やりたいと思っていること、どうしてお誘いしたのかなどを想いを込めて伝えてみて下さい。

 

そのためにも、まずは①コンセプト(=伝えたいメッセージ)を熱く語れるようにしておくと良いでしょう。

 

 

※もし出演者がなかなか決められないという方は、①コンセプトに立ち返って、コンセプトに合う出演者に声を掛けてみると良いと思います。

 

例えば、コンセプトが『ナチュラル』だとした場合、アコースティック系アーティストが良いのに、超超超ハードロックな出演者を誘ったら雰囲気が異なるので、「これはどういうライブなの??」とよく分からない状態になってしまうので(笑)注意してください!

 

(ただ、この場合例えばコンセプトが『異分野コラボレーション』だったらOKだと思います!)想いを思い起こして、コンセプトに紐付けて、出演者にオファー・スタッフを募集してみましょう♪

 

 

 

・・・長くなりそうなので、次回続きを書きます^^

 

Yuei
会社員や派遣、アルバイトを約5年間しながら、ライフワークとして歌を歌ってきた私が、『心の声に従って、本音で生きる人生を送ったらどうなるだろう?』と実験をしているブログです。2017年7月にブログをスタートし、今は音楽フェス&ジャンルを越えたイベント企画、NGO代表、アーティスト、セミナー講師、講演活動をしています。“自分を生きる”と決めてから、前からやりたいと思っていたお仕事やお役目をいただけるようになりました。リアルな本音と経験がいっぱい詰まった、ワクワクドキドキの宝箱のようなブログです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yuei

会社員や派遣、アルバイトを約5年間しながら、ライフワークとして歌を歌ってきた私が、『心の声に従って、本音で生きる人生を送ったらどうなるだろう?』と実験をしているブログです。2017年7月にブログをスタートし、今は音楽フェス&ジャンルを越えたイベント企画、NGO代表、アーティスト、セミナー講師、講演活動をしています。“自分を生きる”と決めてから、前からやりたいと思っていたお仕事やお役目をいただけるようになりました。リアルな本音と経験がいっぱい詰まった、ワクワクドキドキの宝箱のようなブログです♪